MENU

オリゴのおかげレビューサイトMENU

オリゴのおかげ全商品ぶった斬り体験レポート!

30代、子育て中の主婦です。
便秘になるときもあれば下痢をするときもあり、お腹はつねに不安定で外出がおっくうになるほどです。
ヨーグルトを食べたり、食物繊維を意識して摂っても、お腹のバランスは安定しません。

 

芸能人のブログを読んでいたら「善玉菌」という言葉を見つけて、もしかして私のお腹にはこれが足りてないのかも?と思い、善玉菌を増やせるものを探しました。

 

見つけたのが「オリゴ糖」です。オリゴ糖は、お腹のなかにいるビフィズス菌の栄養となり、ビフィズス菌を増やしてくれる働きがあるそうです。

 

ビフィズス菌は腸内環境を整え、免疫力アップや、有害物質の生成を防ぐ働きがある善玉菌だそうで、これが増えてくれたら私のお腹も安定しそうと思って、オリゴ糖を摂取してみることにしました。

オリゴのおかげシリーズお試し!

オリゴ糖が入った製品はいろいろあります。私がまず買ってみたのが「オリゴのおかげ」という商品です。
オリゴのおかげは液体タイプのものと、粒状タイプの全部で3種類あります。

 


粒状のほうが、小分けで使いやすいし衛生面でも良さそうと思ったので、まずは粒状タイプのお試しパックを購入しました。

 

頼んだのが連休前の金曜日だったせいで、届いたのは連休明け。
土日祝日は発送していないようです。

 

薄い箱で届きました。

 

中身はこんな感じ。

納品書とチラシ、そしてオリゴのおかげ本体が入っています。

 

 

オリゴのおかげ顆粒(お試しモニター)6g×30本で、1358円です。

 

スティック1つが1回分なのかなと思っていたら、飲み方のページに「自分に合った量を見つけましょう」と書いてありました。
お腹がゆるいひとは、最初は半量くらいからはじめると良いそうですよ。

 

 

排便チェックシートまでついていて、本格的なサポート体制という感じです。

 

1つ(6g)はこんな感じの、スティック状です。

 

お皿に出してみました。

 

粒はグラニュー糖より大きくて細長くて、真っ白です。
このまま食べてみると、すぐにすーっと舌のうえで溶けました。
ざらざらした感じはなく、唾液と混じって飲み込めます。

 

味は甘いのですが、お砂糖やチョコレートみたいなガツンとくる甘さではなく、ふんわり甘い程度です。

 

包装の切れ目を口につけざーっと流し込んでも、問題なく飲めます。
舌の上に乗せる感じで流し込むと、すぐ溶けるのでむせたりしません(喉に直接流すとむせそうなので、舌の上のほうがいいです)。

 

水に入れてみました。

水だとうまく溶けてくれません。溶かして飲むなら白湯のほうがいいと思います。

 

紅茶やコーヒーにも入れてみました。

 

 

こちらはすぐに溶けて、入れたぶんだけ甘くなります。
砂糖やグラニュー糖を入れるより、溶けるのが早いです。

 

オリゴのおかげを飲み始めたとき、すでに便秘3日目だったのですが、
オリゴのおかげを飲んで4時間後くらいにお通じがきました。

 

いつも便秘が治ったあとは下痢が続いていたのですが、翌日もオリゴのおかげを摂取したところ、
下痢をする様子もなく、健康な排便が続きました。
正直、オリゴ糖をすこし摂取したくらいでお腹の調子はすぐ変化しないだろうと思っていたので、この変化には驚きです。

 

 

オリゴのおかげシロップタイプ2種+αと比較してみた

もしかして、オリゴのおかげダブルサポート(顆粒)以外でも同じような効果が得られるのでは?
それなら、もっと安いオリゴ糖のほうがいいかも?と思って、いろいろ試してみることにしました。

 

 

購入したのは、

  • オリゴのおかげダブルサポートシロップ ⇒ 902円
  • オリゴのおかげ(一番普及しているボトルタイプ) ⇒ 970円
  • 毎日活き活きオリゴ糖 ⇒ 573円
  • オリゴの甘み ⇒ 367円

です。

 

これらとオリゴのおかげダブルサポート(顆粒)を比較してみました。

  オリゴのおかげダブルサポート(顆粒) オリゴのおかげダブルサポートシロップ 普通のオリゴのおかげ
原材料 乳果オリゴ糖顆粒 乳果オリゴ糖シロップ 乳果オリゴ糖シロップ
オリゴ糖割合 55% 40% 30%
添加物 無し クエン酸・クエン酸ナトリウム 無し
カロリー(100gあたり) 283キロカロリー 212キロカロリー 230キロカロリー
効果
  毎日活き活きオリゴ糖 オリゴの甘み
原材料 イソマルトオリゴ糖シロップ イソマルトオリゴ糖シロップ
オリゴ糖割合 55% 不明
添加物 不明 不明
カロリー(100gあたり) 300 キロカロリー 300キロカロリー
効果 × ×

 

あとから購入したオリゴ糖製品

 

オリゴのおかげダブルサポート(顆粒)

 

まず比較して気付いたことが「オリゴ糖の種類がちがう」ということでした。

 

オリゴのおかげシリーズは「乳果オリゴ糖」が入っているのに、他の安いものは「イソマルトオリゴ糖」というものが入っています。
違いを調べると、どうやら「腸まで届くか、届かないか」みたいです。

 

乳果オリゴ糖

オリゴのおかげの乳果オリゴ糖は胃で消化されずに、腸まで行くことができるので、
腸にいるビフィズス菌を効果的に増やせるそうです。

 

イソマルトオリゴ糖

ほか2種のイソマルトオリゴ糖も、一応腸に届けばビフィズス菌を増やす働きはあるそうですが、
その前に胃で消化される率が高いせいで、摂取したすべてが腸に届くわけではないようです。

 

ドラッグストアなどでよく安く販売されているオリゴ糖はたいがいこのイソマルトオリゴ糖が使用されています。

 

味も比べてみました

 

見た目は透明でほぼ同じですが、味は全然違いました。

 

オリゴのおかげシリーズは、舐めた瞬間「甘い」と感じ、しばらく舌の上でほんのりと甘みが残っていました。
他の2種類(毎日活き活きオリゴ糖・オリゴの甘み)は、舐めた瞬間水っぽい感じがして、あまり甘さを感じませんでした。

 

カロリーを見ると、オリゴのおかげのほうがカロリーは低くて、ほかの2種類(毎日活き活きオリゴ糖・オリゴの甘み)のほうが高いです。
甘くないのに、カロリーは高い…
これをお料理に入れると「甘くなるまでたっぷり使ってしまって、カロリーを摂取しすぎる」ことになりそうです。

 

しかもたくさん摂ったからといって、「イソマルトオリゴ糖」だから、オリゴ糖は腸まで届かない。
やはり効率的に便秘解消し、そして低カロリーのオリゴ糖を摂取するなら、オリゴのおかげシリーズのほうがいいなと感じました。

 

試した結果!

 

それぞれのお腹への効果も比べるために、最初に試した「オリゴのおかげダブルサポート(顆粒)」をやめて、
4種それぞれ2日ずつ試してみました。

 

 

コーヒーに入れたり、紅茶に入れたりして飲んでみたのですが、
オリゴのおかげシロップ2種を試した4日間は、お通じはふつうにありました。

 

でも「イソマルトオリゴ糖」の2種類に変えて、4日続けてたら3日目からまた便秘気味に戻ってしまいました。
やはり「腸まで届くオリゴ糖」というのは大切なのだと感じました。

 

オリゴのおかげシリーズ(3種類)の中での効果の違いですが、
液体タイプの2種類のオリゴのおかげも美味しく効果もまずまずだったのですが、
私は個別包装されている顆粒タイプ(オリゴのおかげダブルサポート顆粒)が一番気に入りました。

 

やはりシリーズ最大のオリゴ糖配合量(55%)ということで即効性を感じられたこと。
また、個別包装なので清潔ですし、摂取した量が分かりやすいからです。

 

便秘になりがちな旅行にも持っていきやすいというのも、良いですね。
オリゴ糖を摂っている間は善玉菌が増えて、やめるとまた減ってしまうらしいので、
今後も毎日オリゴ糖を摂取して、腸内環境を整えて行きたいです。

 

オリゴのおかげダブルサポート(顆粒)体験レポート

「今日も出なかったな…。」私は、夜寝る前にトイレの便座にしばらく座ってみるのですが、お通じがないことが習慣になって困っていました。

 

一日ぐらいだと何ともないのですが、二日、三日とお通じがないと、お腹が張って臭いのきついガスが頻繁に出ます。肌は吹き出物ができるし、気分もイライラするし、良いことが一つもありません。

 

下剤を試してみたこともありましたが、逆に効きすぎてお腹を下してしまい、何度もトイレに駆け込んでしまいます。外出の予定があると、トイレばかり気になってしまうので、下剤を飲むのはやめてしまいました。

 

そのうえ、小学生の息子も赤ちゃんの頃から便秘症で、下剤ではなく何とか自然な形で便秘を解消できないものかと悩んでいました。

そこで試してみたのが、「オリゴのおかげ」ダブルサポート顆粒タイプ。

 

乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース)を40%(顆粒品は55%)配合し、
甘さとカロリーはお砂糖の約半分なので、ダイエット中でも安心です。


オリゴ糖とは?

そもそも、オリゴ糖とはどういうものでしょうか。砂糖の一種かな、という程度しか知らなかったため、
今回良い機会なので詳しく調べてみました。

 

オリゴ糖とは、2〜10個の単糖がつながった糖質の一種。

 

腸内で善玉菌(ビフィズス菌など。腸内に生息している細菌の中でも健康維持に貢献してくれるもの)のエサとなり、
善玉菌を増やす働きがあることから、腸内環境を整える効果があります。

 

そのほかの効果は、

  • 便秘を改善する
  • 美肌
  • 動脈硬化を予防する
  • ミネラルの吸収を促進する
  • 虫歯を予防する

などがあります。

 

また、母乳にはオリゴ糖が含まれているため、赤ちゃんは母乳を飲むことで栄養をもらい、
善玉菌のエサになるオリゴ糖を取り入れて腸内環境を整えています。

 

そして、商品名についているダブルサポートというのは、

  1. 腸内のビフィズス菌を増やす
  2. カルシウムの吸収を促進する

という2つの機能を表しているそうです。

 

 

到着

4月15日、いよいよ「オリゴのおかげ」が宅配便で到着しました!

 

ドキドキしながら箱を開けてみました。
下の写真が「オリゴのおかげ」です。

 

1本6gで、30本入り。1日1本が目安で、1ヶ月分です。
消費者庁許可のトクホ(特定保健用食品)のマークがついています。

 

安全性と有効性について国から審査を受けて健康の維持増進に役立つと認められているわけですね!

 

 

さっそく夕食の鶏肉と大根の煮物に1本入れてみました。
お砂糖と同じように使えるというので、和食の味付けに重宝しそうです。

 

下の写真はスティックの中身です。
一口なめてみると、お砂糖のような味でした。
サトウキビと牛乳が原料だそうです。

 

 

投入です。

 

食べた感想は、料理の風味は変わらず、「オリゴのおかげ」が入っているかわからないほどでした。

 

ところが、夕食を食べてから3時間後、便通があったのです!!
下剤のようにお腹が痛くなって、という感じではなく、自然にトイレに行きたくなりました。

 

便秘症の息子は、この日はお通じがなく、変化はありませんでした。
私は、なんと翌朝もお通じがありました!
こんなに続けて自然に出たのは何年ぶりだろうという感じでした。

 

それからは毎日1本を目安に、色々なものに入れてみました。

 

カレー

カレーに入れても味は変わりませんでした。

 

お味噌汁

お味噌汁は一杯分に入れると甘くなりすぎてしまったので、鍋の段階でも入れてみましたが、合いませんでした。
お味噌汁には普通はお砂糖を入れませんからね…。

 

炭酸水

おもしろかったのは、炭酸水です。
家に買い置きがあったので、試してみました。

 

「オリゴのおかげ」を入れると、泡がシュワシュワシュワ〜と激しく立ちました。

 

上の写真は入れた直後です。
味がついていない炭酸水でしたが、「オリゴのおかげ」でほのかに甘くなって美味しかったです。
おすすめです。

 

牛乳

息子は3日目で効果がありました。
普段は長い息子のトイレタイムが、短くなりました。
息子は「便があまり固くなくていきむ時に痛くない!」と喜んでいます。

 

牛乳に入れると後味が甘くなって好評なので、おやつのときに飲ませています。

 

冷たいものにも溶けますが、温かいものよりは少し丁寧にかき混ぜたほうが良いです。

 

ミルクティー

私はミルクティーに入れてほっと一息つくのが定番になりました。
優しい甘さでミルクティーが一段と美味しくなります。

 

 

パウンドケーキ

息子のおやつに甘納豆のパウンドケーキを作りました。
レシピのお砂糖の分量のうち、半量を「オリゴのおかげ」にしました。
優しい甘さで、息子に大好評でした。

 

 

オリゴのおかげは美味しくてお腹もスッキリするので、便秘で悩んでいる人におすすめです。

 

毎日摂るようになってから、お腹やお肌の調子が良くなりました。
毎日摂ると、お腹がゆるくなるときもあったので、そのときはスティックの半量にしたり、一日お休みしたりしました。

 

個人差はありますが、息子もお腹の調子が良くなったので、健康のためにこれからも続けていきたいと思います。

 

 

オリゴのおかげの成分と添加物まとめ

  オリゴのおかげ普及品 オリゴのおかげダブルサポートシリーズ

商品名

オリゴのおかげシロップ

オリゴのおかげ

オリゴのおかげダブルサポートシロップ

シロップ

オリゴのおかげダブルサポート顆粒

顆粒

内容量

  • 300gボトルタイプ
  • 650gボトルタイプ
  • 500gボトルタイプ 6g×30本

    価格

  • 300g・・・500円
  • 650g・・・900円
  • オープン価格
  • 1480円
  • 成分

  • 乳果オリゴ糖
  • ショ糖
  • 乳果オリゴ糖
  • ショ糖
  • 乳果オリゴ糖
  • ショ糖
  • 添加物

    無し
  • クエン酸
  • クエン酸ナトリウム
  • 無し

    オリゴ糖配合率

    30% 40% 55%

    便秘薬常用者がオリゴのおかげを摂ったらどうなった?

    子供の頃から便秘症で、日頃便秘薬を常用しないとお通じがなく
    今まで様々な事を試してきましたがいまいち改善されず…。
    そんな中、オリゴのおかげを知りチャレンジしてみました。

     

    毎朝ヨーグルトに入れ食べ続けていたところ…5日目に変化が!

     

    薬に頼らずスルッと快便!!
    驚きました……。


     

    加熱しても効果が変わらない。それがとても嬉しくて…
    おまけに計量いらずの使いやすいスティックタイプ&顆粒状で、お菓子や料理にとお砂糖代わりに使ってみました。

     

    優しい甘さで特にプリンやクッキーは子供にも好評。
    今、料理の勉強をしている次男も「料理作るからこれ1本貰っていい?」と言うくらい気に入った模様。

     

     

    便秘症の私、お腹が緩くなりがちな旦那さんと子供。
    皆タイプが違うのにそれぞれにいい結果が出たことが一番驚きです!

     

    便秘が治るとこんなに快適なんですね。
    しかもお薬に頼っていたときは、強引に出している感じが辛かったのですが、オリゴのおかげのおかげです(笑)
    こんなに快便になるとは…しかも自然なお通じが続くなんて…と気持ちまで軽くなりました。

     

     

    お腹の調子が整ってくると、お腹の張りやぽっこり感もスッキリしてきて、
    困っていた肌荒れも落ち着いてきて安定してきました。

     

    腸内環境を整えるということは、スタイルはもちろんお肌にもいい影響を与えてくれるんですね!
    身をもって体感し、改めてその大切さを知りました。

     

    こんなに手軽に、しかも家族全員の体調管理が出来てしまうともう手放せません。
    毎日のお料理に愛情とオリゴのおかげ。
    我が家の定番になりました!

    更新履歴