MENU

オリゴのおかげ体験レポート

「今日も出なかったな…。」私は、夜寝る前にトイレの便座にしばらく座ってみるのですが、お通じがないことが習慣になって困っていました。

 

一日ぐらいだと何ともないのですが、二日、三日とお通じがないと、お腹が張って臭いのきついガスが頻繁に出ます。肌は吹き出物ができるし、気分もイライラするし、良いことが一つもありません。

 

下剤を試してみたこともありましたが、逆に効きすぎてお腹を下してしまい、何度もトイレに駆け込んでしまいます。外出の予定があると、トイレばかり気になってしまうので、下剤を飲むのはやめてしまいました。

 

そのうえ、小学生の息子も赤ちゃんの頃から便秘症で、下剤ではなく何とか自然な形で便秘を解消できないものかと悩んでいました。

そこで試してみたのが、「オリゴのおかげ」ダブルサポート顆粒タイプ。

 

乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース)を40%(顆粒品は55%)配合し、
甘さとカロリーはお砂糖の約半分なので、ダイエット中でも安心です。


オリゴ糖とは?

そもそも、オリゴ糖とはどういうものでしょうか。砂糖の一種かな、という程度しか知らなかったため、
今回良い機会なので詳しく調べてみました。

 

オリゴ糖とは、2〜10個の単糖がつながった糖質の一種。

 

腸内で善玉菌(ビフィズス菌など。腸内に生息している細菌の中でも健康維持に貢献してくれるもの)のエサとなり、
善玉菌を増やす働きがあることから、腸内環境を整える効果があります。

 

そのほかの効果は、

  • 便秘を改善する
  • 美肌
  • 動脈硬化を予防する
  • ミネラルの吸収を促進する
  • 虫歯を予防する

などがあります。

 

また、母乳にはオリゴ糖が含まれているため、赤ちゃんは母乳を飲むことで栄養をもらい、
善玉菌のエサになるオリゴ糖を取り入れて腸内環境を整えています。

 

そして、商品名についているダブルサポートというのは、

  1. 腸内のビフィズス菌を増やす
  2. カルシウムの吸収を促進する

という2つの機能を表しているそうです。

 

 

到着

4月15日、いよいよ「オリゴのおかげ」が宅配便で到着しました!

 

ドキドキしながら箱を開けてみました。
下の写真が「オリゴのおかげ」です。

 

1本6gで、30本入り。1日1本が目安で、1ヶ月分です。
消費者庁許可のトクホ(特定保健用食品)のマークがついています。

 

安全性と有効性について国から審査を受けて健康の維持増進に役立つと認められているわけですね!

 

 

さっそく夕食の鶏肉と大根の煮物に1本入れてみました。
お砂糖と同じように使えるというので、和食の味付けに重宝しそうです。

 

下の写真はスティックの中身です。
一口なめてみると、お砂糖のような味でした。
サトウキビと牛乳が原料だそうです。

 

 

投入です。

 

食べた感想は、料理の風味は変わらず、「オリゴのおかげ」が入っているかわからないほどでした。

 

ところが、夕食を食べてから3時間後、便通があったのです!!
下剤のようにお腹が痛くなって、という感じではなく、自然にトイレに行きたくなりました。

 

便秘症の息子は、この日はお通じがなく、変化はありませんでした。
私は、なんと翌朝もお通じがありました!
こんなに続けて自然に出たのは何年ぶりだろうという感じでした。

 

それからは毎日1本を目安に、色々なものに入れてみました。

 

カレー

カレーに入れても味は変わりませんでした。

 

お味噌汁

お味噌汁は一杯分に入れると甘くなりすぎてしまったので、鍋の段階でも入れてみましたが、合いませんでした。
お味噌汁には普通はお砂糖を入れませんからね…。

 

炭酸水

おもしろかったのは、炭酸水です。
家に買い置きがあったので、試してみました。

 

「オリゴのおかげ」を入れると、泡がシュワシュワシュワ〜と激しく立ちました。

 

上の写真は入れた直後です。
味がついていない炭酸水でしたが、「オリゴのおかげ」でほのかに甘くなって美味しかったです。
おすすめです。

 

牛乳

息子は3日目で効果がありました。
普段は長い息子のトイレタイムが、短くなりました。
息子は「便があまり固くなくていきむ時に痛くない!」と喜んでいます。

 

牛乳に入れると後味が甘くなって好評なので、おやつのときに飲ませています。

 

冷たいものにも溶けますが、温かいものよりは少し丁寧にかき混ぜたほうが良いです。

 

ミルクティー

私はミルクティーに入れてほっと一息つくのが定番になりました。
優しい甘さでミルクティーが一段と美味しくなります。

 

 

パウンドケーキ

息子のおやつに甘納豆のパウンドケーキを作りました。
レシピのお砂糖の分量のうち、半量を「オリゴのおかげ」にしました。
優しい甘さで、息子に大好評でした。

 

 

オリゴのおかげは美味しくてお腹もスッキリするので、便秘で悩んでいる人におすすめです。

 

毎日摂るようになってから、お腹やお肌の調子が良くなりました。
毎日摂ると、お腹がゆるくなるときもあったので、そのときはスティックの半量にしたり、一日お休みしたりしました。

 

個人差はありますが、息子もお腹の調子が良くなったので、健康のためにこれからも続けていきたいと思います。

 

オリゴのおかげの成分と添加物まとめ

  オリゴのおかげ普及品 オリゴのおかげダブルサポートシリーズ

商品名

オリゴのおかげシロップ

オリゴのおかげ

オリゴのおかげダブルサポートシロップ

シロップ

オリゴのおかげダブルサポート顆粒

顆粒

内容量

  • 300gボトルタイプ
  • 650gボトルタイプ
  • 500gボトルタイプ 6g×30本

    価格

  • 300g・・・500円
  • 650g・・・900円
  • オープン価格
  • 1480円(税込)
  • ※初回のみお試しモニター価格980円
  • 成分

  • 乳果オリゴ糖
  • ショ糖
  • 乳果オリゴ糖
  • ショ糖
  • 乳果オリゴ糖
  • ショ糖
  • 添加物

    無し
  • クエン酸
  • クエン酸ナトリウム
  • 無し

    オリゴ糖配合率

    30% 40% 55%

     

    オリゴのおかげでお腹もすっきり!お肌もきれいに!

    オリゴ糖を摂取しようと思ったのは、息子が中学2年の頃でした。
    体質的に便秘症だったので、毎日野菜サラダやヨーグルトを摂らせるようにしていました。
    ニキビもひどく皮膚科で薬を処方してもらっても、なかなか良い方向には行きませんでした。

     

    息子は甘いものが好きでしたので、毎日のようにチョコレートや菓子パンなどを食べていました。
    皮膚科で相談したところ、チョコレートは極力控えるようにして下さい、との事でした。
    そして料理に使っている砂糖をオリゴ糖に変えてみるのもいいですよ、とアドバイスを受けました。

     

    早速ドラッグストアに足を運び、薬剤師の方に相談しました。
    すすめられたのは、顆粒タイプの「オリゴのおかげ」でした。

     

    顆粒なので毎日食べていたヨーグルトに使いやすく、スティックタイプなので保存もラクです。
    使う量もシロップタイプと違い入れすぎる事もないので便利です。
    コスト的にもシロップタイプより求めやすかったので試してみようという軽い感じで決めました。

     

    「オリゴのおかげ」は、特定保健用食品であり1日1本で必要なオリゴ糖が摂取できます。
    毎日食べているヨーグルトに混ぜて摂ると、更にビフィズス菌を増やす役割もするので、至れり尽くせりです。

     

    味が変わって不味くなるのでは、と息子は半信半疑でしたが味が変わらず美味しいとの事。

     

     

    今までお腹の調子を整えるには、ビフィズス菌さえ多く摂れば良いと思っていました。
    ところが多くのビフィズス菌は大腸に届くまで死滅し、なかなか定着しないと言われます。
    オリゴ糖はこの大腸に残った良いビフィズス菌を増やす役割があるのです。

     

    1か月位試してみると、まず息子のお通じが良くなった事を実感しました。
    以前は朝学校へ行く時間が迫っても、なかなかトイレから出てこず結果、「なんか、スッキリしない。」と、不機嫌そうでした。
    ところが、「オリゴのおかげ」を摂取してからは不満を言わなくなり、元気に登校するようになりました。

     

    そして、気になっていたひどいニキビも症状が軽くなり、鏡をみる回数も減ってきました。
    現在は高校3年になり、中学時代のニキビ面の影はありません。
    ニキビ跡も残らず良かったと思います。

     

    便秘が解消され、お肌も調子良いので体質改善につながったのだと思います。
    腸内環境が良くなるとカルシウムの吸収も促進するので、今では骨粗しょう症予防の為に私が摂取するようになりました。

     

    オリゴのおかげの2つのバージョン

    「オリゴのおかげ」には、「通常版」と「ダブルサポート」の2種類があるってご存知でしたか?

     

    金額で比較すると少々ダブルサポートの方が高くなりますし、
    売っている場所も、通常版はスーパーのお砂糖売り場なのに対して、
    ダブルサポートはドラッグストア、薬局等
    になっています。

     

    オリゴのおかげ

     

    ダブルサポートは、ダブルというだけあって、
    整腸作用とカルシウム吸収促進作用の2つの点で特保として認められています。(通常版は整腸作用のみ)

     

    実は、人がカルシウムを摂取した場合に、そのすべてが栄養として吸収されるわけではなく、
    成人でも3〜4割程度しか吸収しきれないんです。
    でも、オリゴのおかげによって腸内環境が整備されてくると、この吸収率が確実に向上するんです。

     

    これがダブルサポートで追加されたカルシウム吸収促進作用です。
    つまり、オリゴのおかげの中にカルシウムが配合されているわけではないんです。

     

    効能やお値段、売り場が違うのですが、原材料が「乳糖果糖オリゴ糖」と「ショ糖」であることは同じです。
    公式サイトでは「ダブルサポートはプレミアムバージョンです」という記述がありますし、
    実際、原材料は同じでも、ダブルサポートの方が「乳糖果糖オリゴ糖」の含有量が多いんです。

     

    ということは、通常版であっても、特保とまでは認められないものの、
    カルシウム吸収を促進する効能はあるものと考えてよいはずです。

     

    日常的に甘味料代わりに使うのが通常版で、より健康に気を使い、
    生活改善のツールとして使うのがダブルサポートという住み分けになるかと思います。

    【体験談】オリゴのおかげにレモンをプラスで美肌に風邪に効果UP!

    健康を気遣って食卓の甘味料をオリゴのおかげに変えている家庭は増えています。

     

    オリゴのおかげは砂糖と同じ甘味料の一種ですが、砂糖と違う点は…

    • 甘さが控えめな事
    • 血糖値を上げにくい事
    • オリゴ糖が体内に吸収されず腸まで届き腸内環境を整えてくれる事

     

    腸内環境が健康であると免疫力が上がり病気の予防になり、
    便秘や下痢といったお腹の調子を正常にして肌トラブルまで防いでくれます。

     

    普段の砂糖をオリゴのおかげに変えるだけで手軽に家族の健康を守れるのです。

     

    そんなオリゴのおかげの効果をさらにUPさせる方法があります。
    それはスライスしたレモンをオリゴのおかげに漬けて、オリジナルのレモンシロップを作る事です。
    イメージとしてははちみつのレモン漬けのような感じでしょうか。

     

    レモンのビタミンC効果をオリゴのおかげとプラスする事で、元々あるカルシウムの吸収力がもっと増えたり、肌トラブル解消にビタミンCが加わり美肌効果に繋がります。
    そしてオリゴのおかげによって上がった免疫力に加え、レモンのビタミンC効果で風邪予防もできるのです。

     

    シロップに漬けたレモンをそのまま食べてもいいし、シロップと一緒に紅茶に入れてレモンティーとして飲んでもいい、またはレモンとシロップを両方使って料理のマリネなどに利用してみてはどうでしょうか。

    腸内環境を整えるにはビフィズス菌よりオリゴ糖?

    オリゴ糖って知っていますか?
    蜂蜜のような甘味料としてスーパーやドラッグストアでよく見かけますよね。

     

    オリゴ糖とは自然の食品から取り出した甘み成分で、砂糖や蜂蜜、メープルシロップなどと一緒です。
    これら甘味料の中でも単糖と呼ばれるとても小さなブドウ糖や果糖が、2個以上合体した物を通称オリゴ糖と言います。

     

    そしてこのオリゴ糖の効果とは、熱や酸に強い事もあって溶ける事無く腸まで届き、
    腸内の善玉菌であるビフィズス菌の餌となり悪玉菌をやっつけるべくビフィズス菌を増やしてくれるのです。

     

    常に腸内の善玉菌が多ければ腸内環境を正常に保つ事ができ、便秘や下痢の改善、
    細菌やウィルスへの免疫力の向上、美肌効果、消化吸収の助けになるなど、
    健康な体へと体質を変えてくれます。

     

    さらに一般的な砂糖に比べて、オリゴ糖は血糖値をほとんど上昇させません。
    若干甘みは弱いもののカロリーも低いので、オリゴ糖とは体へのリスクがとても少ないと言えます。

     

    料理の際に使う砂糖をオリゴ糖に変えたり、コーヒーや紅茶、ヨーグルトにオリゴ糖を入れてみたりと、
    すぐにでも生活に取り入れる事ができるのです。

     

    注意点としてはオリゴ糖を急に摂りすぎると、お腹がゆるくなったりする場合があるので、
    自分の適量を知る為にも様子を見ながら進めて下さい。

    はぐくみオリゴとカイテキオリゴを比べてみると・・・

    便秘が解消されると話題の「オリゴ糖」が含まれる有名な商品として
    「はぐくみオリゴ」と「カイテキオリゴ」という商品があります。

     

     

    成分

    どちらも同じオリゴ糖の商品ですが、違いはあるのでしょうか?
    まず、2つの商品を簡単にご説明します。

     

    はぐくみオリゴ

    はぐくみオリゴは、他の商品に比べても、圧倒的に豊富な5種類ものオリゴ糖が入っています。
    そして、オリゴ糖以外の余計なものは入っていません。

     

    はぐくみオリゴに含まれる「ガラクトオリゴ糖」は、母乳にも含まれるもので
    とてもこだわりを持って作られた安心安全なオリゴ糖であると言えます。


    カイテキオリゴ

    一方、カイテキオリゴはと言いますと
    独自の製法で配合されたもので、健康食品に分類されます。

     

    北海道の甜菜から採れるオリゴ糖として有名な「ラフィノース」が主な成分で、
    3つのオリゴ糖から作られています。

     

    はぐくみオリゴよりも甘みが少なく仕上がっており、ビフィズス菌を増やすことにこだわられた製品となっています。

     

    このように成分には大きな違いがあります。

     

    どちらがおすすめ?

    では、どちらが効果が高いのかとか、どちらがおすすめなのかという話になると
    これは腸内環境の個人差や、味の好みがあり一概にはどちらとは言いがたいのです。

     

    ただ、比較できる箇所が何箇所かあります。

     

    • 含まれているオリゴ糖の多さ
    • 購入後のサポート体制は万全かどうか
    • みんなの口コミや評判は?

     

    オリゴ糖の数の多さでいえば、はぐくみオリゴの方が多いです。
    しかし、数が多ければいいというものでもありません。

     

    オリゴ糖は数種類を組み合わせて摂取することで効果を発揮しますが
    この組み合わせがとても重要になってきます。

     

    また、はぐくみオリゴはオリゴ糖のみで作られているため食品に分類され
    カイテキオリゴはそうではないため健康食品の分類になります。

     

    カイテキオリゴのオリゴ糖以外の成分は「乳糖」と「ショ糖」のみで、
    これもほんの少ししか含まれていないのでオリゴ糖の純度としては同程度だと思われます。

     

    ただ、はぐくみオリゴには効果を実感しやすく
    妊婦さんや赤ちゃんにもおすすめのオリゴ糖が含まれている
    ことも事実です。

     

    カイテキオリゴでは、健康管理士と専任アドバイザーが常駐しており
    電話やメールで疑問点に答えてくれたり、摂取方法などのアドバイスも受けられるメリットがあります。
    はぐくみオリゴでは、サポート体制に関することは何も明記されていません。

     

    口コミでは、カイテキオリゴの方が人気が高くなっています。
    これは、カイテキオリゴの方が開発が早く、医学界やサプリメント業界、モンドセレクションなど
    様々な分野で注目を浴びた歴史があるからです。

     

    ですが、はぐくみオリゴも負けてはおらず、オリゴ糖ランキングで1位を獲得し、満足度97%を獲得するなど
    まさに勢いに乗っており、人気急上昇中なのです。

     

    実は、善玉菌には数多くの種類があり、腸内で優位になる善玉菌は人それぞれ違うのです。
    また、その善玉菌と相性のいいオリゴ糖というものもあります。

     

    つまり、その人の腸内環境によってどんなオリゴ糖が適しているかも異なってくるのです。

     

    ですから結論を申し上げますと、口コミが良いオリゴ糖はネットでいくらでも見つけられますが
    あなたに合ったオリゴ糖を見つけるには、どちらも試して効果を見るというのが1番手っ取り早く確実な方法なのです。